MENU

ブルーベリー〜抗酸化力や視機能への作用

アイケアサプリに含まれている成分

 

アイケアサプリに含まれていることが多い成分としてまず挙げられるのがブルーベリーです。

 

ブルーベリーが含まれていることが多いのは、以下のような効果が期待できるためです。

 

ひとつはブルーベリーの濃い色のもととなっている成分、アントシアニンによる抗酸化作用です。これは紫外線を浴びたり、スマホやPCの画面から発せられているブルーライトを浴びることなどで発生する活性酸素を除去する作用のことです。活性酸素により細胞や血管が酸化すると、目の機能が正しく保たれなくなる恐れもあるので、アントシアニンにはその予防が期待できます。

 

それからもうひとつ、アントシアニンには物を視ることに重要な役割を果たしている物質、ロドプシンの再合成に働きかける作用があると言われています。ロドプシンの再合成が遅れると、それだけ物を視ることに対しての機能も低下しやすくなると言われています。そのため、これを防ぎロドプシンの再合成をスムーズに行うためにも、アイケアサプリにはブルーベリーが含まれていることが多いです。

ルテイン〜白内障や黄斑変性症への作用

またルテインもアイケアサプリに含まれていることが多い成分です。

 

その理由ですが、ひとつはルテインがもともと人間の瞳に多く存在している成分であるためです。加齢などによりその量は減少していき、それが目の機能に影響をもたらすこともあるので、それを補うと言った意味でアイケアサプリにはルテインが多く含まれています。

 

そしてもうひとつの理由は、ルテインが白内障や黄斑変性症の予防、改善に対して効果が期待できるとされているためです。これはルテインもアントシアニン同様、抗酸化力を有している成分だからです。

 

白内障や黄斑変性症は、活性酸素によって水晶体や黄斑部分にダメージが発生することで、その機能や状態に異常が出てくることが原因だと言われています。

 

ですからルテインの抗酸化力でそうしたダメージを防ぐことは、このような眼病の予防、症状の改善に良い作用があると考えられています。ルテインを十分な量、食べ物から摂取するのは難しいので、多くのアイケアサプリに含まれています。

DHAやビタミンA〜目への良い作用

DHAには血流を促進する作用があると言われています。目の血流が滞ると、筋肉が収縮したりして、機能の低下、疲れ目が引き起こされやすくなるので、DHAにはその予防、改善が期待できます。

 

更にビタミンAには瞳に潤いを保つことに作用があると言われています。瞳が乾燥していると、それだけで物が見づらくなる、瞳が疲れたような感じを受けやすくなれます。

 

そのため瞳の潤いを保持することに、ビタミンAは良い作用が期待できます。またアスタキサンチンなどの、アントシアニンやルテイン以外の抗酸化成分が含まれていることも多くあります。

 

ただしアイケアサプリは、あくまでもサプリメントであり食品と言う扱いです。ですから薬のような即効性を期待するのは難しいです。そのため継続して、規定量を摂取し続けることが大事です。

 

またこうした成分は、瞳の健康以外にも良い作用が期待できるので、日々の健康管理として利用するのもおすすめです。