MENU

疲れ目対策にアントシアニン

アントシアニンの抗酸化力に注目!

 

疲れ目対策に効く成分として有名なのがアントシアニンです。

 

物が見えるのは、視細胞の中にあるロドプシンが網膜の中で吸収した光を電気信号に変え、視神経を通じて脳に刺激を与えているからなのですが、網膜に光が当たるとロドプシンは分解されて新たな光の情報を受けるために再合成されます。

 

つまり、ロドプシンの分解、再合成を繰り返すことで物をスムーズに見ることができますが、ロドプシンの働きが低下してくると物が見えにくくなったり視界が曇ったように感じてしまいます。

 

眼精疲労を改善するにはロドプシンの再合成をサポート必要があり、その働きが得られるのがアントシアニンです。

 

ロドプシンの再合成を促進させて目の機能を向上させ、視覚機能を高めることができます。疲れ目に効果のある成分は他にもルテインがありますが、即効性があるのはアントシアニンですのですぐに効果を得たい時に重宝されています。摂取すると4時間程度で効果が出始めます。

アントシアニンの抗酸化力にも注目

アントシアニンが注目されているのは眼精疲労の改善効果だけではありません。

 

実は抗酸化力に優れる成分でもあり、体内の活性酸素を取り除いてくれます。活性酸素自体は体に無くてはならないものであり、体内を侵害しようとする細菌などを排除するために働きます。

 

しかし、活性酸素が増えすぎると細胞にダメージを与えてしまい、様々な病気の原因にもなります。現代人は活性酸素が増えてしまうような環境に身を置く人も多く、何らかの対策を行わないと健康面に支障をきたす恐れがあるといわれています。

 

抗酸化力を調べてみると、色々あるポリフェノール類の中でもかなり優れています。そのアントシアニンの中でも特に取り入れると良いとされているのがブルーベリーやビルベリー、カシスなどに含まれる種類ですので、サプリを取り入れる時には原料をしっかりとチェックすることが大切です。

 

原料によって得られる効果にも差が出ることは有名です。

抗酸化力によって得られる効果

優れた抗酸化作用を得られるアントシアニンですが、目においては老化によって引き起こされることの多い白内障や緑内障などの眼病を予防することができます。目も歳を取ると活性酸素により傷つけられて細胞の老化が起こりますので、若い頃よりも病気になる可能性が高くなります。

 

また、最近問題になっているメタボリックシンドロームの予防や改善にも効果的です。内臓脂肪の蓄積を防ぐ効果を持ち、血液中の脂肪を減らすことができます。そして血糖値の上昇を抑制して生活習慣病を防ぐことができます。

 

他にも、美容面ではいつまでも若々しい肌を保つためのアンチエイジング対策に優れた効果を発揮します。

 

歳を取るにつれて段々と皮膚の弾力がなくなったり水分が失われるのは肌細胞が衰えるためであり、それには活性酸素が深く関わっています。アントシアニンを摂取して対策を行えば、肌の錆つきを抑えてハリのある状態を維持することができます。